風水の真実【占いではない!!】

風水とは

「風水」は、「気」の力を恥翔して環境を整え、運を鍛えていく古くからの学問です。と言うととても難しく聞こえますが、ここでいう環境とは、衣・食・住はもちろん、言葉、行動、考え方をも含む生活のすべてを指します。つまり、自分のからだと心に影響を与えるあらゆるものを使って、運のいい人になる。そのための指針とも言えるのが風水なのです。 「最近どうも仕事でツキがないなぁ」、そんなふうに感じるなら、まずはまっさらな気持ちに立ち返り、自分を取り巻く環境をしっかりと見直してみましょう。「人の運は環境で決まる」とする風水の考え方は、言い換えれば、環境を整えればおのずと運は開けてくることを教えています。たとえば、仕事で使う小物や毎日の習慣など、気軽にできることから始めてみて。運を鍛えるノウハウをひとつずつ実践すれば、仕事運のいい人になれるはずです。

家相とは?

家相とは中国で環境学として発生した、風水地理の陽基論を言います。すなわち、陰陽、つまり、太陽と地球の気を上手に建物に応用する理論なのです。 この陰陽の別は、そもそも宇宙のエネルギーのあり方に倣っている。宇宙のエネルギーは、中心から発するもの(たとえば我が太陽系の中心である太陽からの光線)と、中心に向かって働くもの(地球の引力など)の二つにわかれる。これらの気が、建物の中心に作用し、そして八方位にわかれて、現象として住まう人に表われる。この目に見えない気を、いかに上手に、陰陽のバランスよく建物に作用させるかを考える方法、また住まい方を表わしたのが「家相」と呼ばれるものです。 日本では、仏教と同じ頃に大陸から伝わり、貴族たちの間で都づくりや遷都、寺院建築に応用されていたが、一般人には教えられなかった。それが、明治以後、気学を研究したグループによって、そのひとつの分野として゛家相″という名で広められた。そのため「占い」的なとらえられ方をされているが、実はれっきとした建築学がベースにあるのです。

 

家相の吉凶と基本的な考え方

「家相」などというと、古くさい迷信だと考えている方は、たくさんいることと思います。しかし、考えてみてください。一日中太陽の光があたらない家に住みたいですか?寒々とした、じめじめした家に住みたいですか? 誰でも暖かく明るい家に住みたいと思うはずで、家相もまた同じなのです。東から南の太陽の恵みをできるだけ受け、南西から西の日ざしは極力おさえたほうが生活しやすく、吉相の家となります。家に関係するすべてのものが、適度にバランスよく調和していることが大切なのです。   家相の吉凶を一言でいえば、自然にマッチした家が吉相で、自然の摂理に反した家は凶相ということになります。では、自然の摂理とは何かといえば、朝に太陽が朿にあらわれ、昼には天上に昇り、夕暮れになれば西に沈み夜になるということです。一年でいえば、春になり夏になり秋になり冬になるという、ごくあたり前のことが自然そのものの姿なのです。私たちは自然の中で生き、その恵みを受けて生活しているのですから、自然の作用を無視することはできません。いかに自然と調和しているかが、家相にとっても最大のポイントになります。私たちの住む日本という国は、春夏秋冬の四季にはっきりと分かれた「季節」を感じることのできるすばらしい国です。しかし、こ」の恵まれた自然に甘えてしまい、少し鈍感になってはいないでしょうか。この小さな日本の中でも、北と南では家のつくり方も住まい方も違います。当然、ものの考え方や見方も違い、人の気質もさまざまです。地域によって多少自然環境が異なることから、住む大に与える影響にも差がありますが、大が自分の住む場所に求める基本的なところに変わりはありません。

家相は日常のことがらに照らし合わせて

たとえば、野中の一軒家に住むとします。北風が冷たいので、誰でも直接風があたらないようにするでしょうし、南の日ざしを家の巾に入れて家を暖かく保つように工夫をするでしょう。毎日の生活でも、朝日がいちばん早くさしこむ東側に寝室がある大は、いつまでも寝ていることができず早く起きることになるでしょうし、西側で寝る大は、朝日がささずゆっくり寝ていられるためどうしても起きるのが遅くなり、夜遅くまで起きているようになるでしょう。このように、私たちの生活や習慣は、知らず知らずのうちに自然から影響を受けているわけです。   また、いつもにぎやかで人の出入りの多い家には活気があります。大が吸い寄せられるように集まってくるとともに、その家に住む人の運勢も徐々に上昇することになるでしょう。反対に、だれも寄りつかないような家には活気がなく、好運が舞い込むことも少なくなってしまうのです。 しかし、家相を難しく考えるのはナンセンスです。簡単な日常のことがらに照らし合わせて考えるのが、家相を理解するうえで最も大切なことであり、近道でもあるのです。

注文住宅は見積もり比較が重要!!

タイトルとURLをコピーしました